勉強する(周辺観光案内)
美術館、博物館が続々誕生。レベルが高く結構時間がかかるので下調べが必須。


●なぎビカリアミュージアム(奈義町 下電ホテルから140分 / 美春閣から20分)
「ビカリア」とはピカチュウの親戚では無く大昔の巻貝のこと。保護・展示された化石を見るミュージアムだが、ビカリアや二枚貝などの化石が実際に産出されるスポットと言う方が正しい。何と、実際に発掘体験が出来、盗掘ではなく堂々と持ち帰れる。但し、ミイラやモビルスーツ、イデの遺跡などはまだ発掘されていない。


●大原美術館(倉敷市 下電ホテルから40分 / 美春閣から100分)
岡山でもっとも有名な美術館。高度成長期には日本で4番目の売上を誇った紡績会社のオーナーが開設。「企業メセナ」なんて言葉ができる遥か前に開館。エルグレコが有名。ちゃんと文化的に一般に還元したのは立派といえましょう。感謝。


●渋川マリン水族館(玉野市 下電ホテルから40分 / 美春閣から120分)
瀬戸内海の魚を中心に、約2千匹の魚類を飼育。併設された陳列館では、はく製や瀬戸内海に関する資料も展示されており、子どもの身近な教育施設として来館者に親しまれている。その場で魚を選んでお好みの調理法で食べられるコーナーなどはまだ確認されていない。


●倉敷民芸館、倉敷考古館、日本郷土玩具館、倉敷蜷(にな)川美術館、児島寅次郎記念館、倉紡記念館などなど(倉敷市下電ホテルから40分 / 美春閣から100分)
美観地区にはいろいろな施設があります。友達を連れてきたときは行ってもらうんですけど、地元の本人はそれほど行ったことがない。よって詳しく聞かないように。


●瀬戸大橋架橋記念館(倉敷市児島下電ホテルから15分 / 美春閣から120分)
瀬戸大橋を記念して、地元の目玉(になるはずだった)博物館。ビル自体が橋(渡れる!)というコンセプトが圧巻。地元の人が行ったという話も正直言って聞いたことが無い。でも児島の紹介にはぜったい載ってるんですよ。んでもって観光客の評判も良いのだ。これはお勧めかもしれない。

●岡山県立博物館、岡山市立オリエント美術館、岡山県立美術館、林原美術館、夢二郷土美術館、他(岡山市下電ホテルから50分 / 美春閣から70分)
岡山市内も美術館密集地。岡山城、後楽園周辺だけでもこれだけ見つかります。県が言うところの「かるちゃーぞーん」なる一帯です。1カ所にまとめれば日本有数どころか世界でも指折り数えものの美術館になるのに、そうしないところが気配りの岡山県民気質?


●荻野美術館(倉敷市児島 下電ホテルから5分)
下津井にある美術館。名前のとおり江戸時代の豪商荻野さんが私財で収集した美術品がたんまり。そりゃあもう素晴らしいもんさ!すいません。ちゃんと見てから報告します。でもパンフレットには「まるやまおうきょ、とみおかてっさい、まつおばしょう・・・」などの文字が。すげー。


●野崎家旧宅(倉敷市児島 下電ホテルから15分)
児島の「塩田王」野崎さんのおうちを大公開!といっても「せんだみつおの有名人のお宅拝見コーナー」でも、「あなたの家の今日の晩ご飯なんですかコーナー」でもない。由緒正しいひな人形とかお庭なんかを見に行くんだそうな。ふーん。でも規模は相当なものです。


●むかし下津井回船問屋(倉敷市児島下電ホテルから5分)
明治初期の回船問屋の建物を復元した文化観光観光施設。古くからの漁港である下津井のエキゾチックな雰囲気を再現。ただだから見て損はない。