ネタにする(周辺観光案内)
若旦那セレクション。ギネスブックものからユーモアものまで探してみれば案外あるものです。
●イナバ化粧品(津山市 下電ホテルから80分 / 美春閣から30分)
実は津山随一の観光スポット。というのも稲葉浩志の実家だから。彼の肖像権は当然プロダクション管理なので店頭には直接的なアピールは無いが、市の観光案内では専用のパンフレットまでもらえる。意識したホームページが商売の難しさを表している。


●Zガンダム(津山市 下電ホテルから80分 / 美春閣から40分)
道の駅「久米の里」に配備されている軍用兵器。地元の方が人間が乗れる大きなロボットを作りたいとハンドメイドで作ったものなので動機とジャンルはむしろボスボロットに近い。地元の農家の皆さんが販売している新鮮野菜をティターンズの魔の手から守っている。ティターンズには強いがいたずらには弱いらしく夜間はシャッターの中で厳重に保管される。ちなみに全高7m!年に数回乗せてもらえる機会があるらしいが未確認。


●タイガースたんぼ(トラちゃん田んぼ)(美作市 美春閣から15分 / 下電ホテルから120分)
なんのこっちゃと思われるかもしれませんが、写真をみれば納得。9種類の古代米で色分けしてるんだそうな。ただし、優勝しても飛び込む場所は多分無い。
●丸山総合公園(兵庫県加西市 下電ホテルから120分 / 美春閣から75分)
110mの高さから降下する全長197mと155mの長大なローラー式すべり台があることで知られている。また、公園のランドマークである丘上の地球儀時計は世界一巨大なのものとしてギネスブックの認定を受けている。なんに役に立つかはあまり考える必要は無い。
●西はりま天文台公園(兵庫県佐用町 美春閣から40分 / 下電ホテルから100分)
大撫山山頂に造られた天文観測所で、天文台周辺は公園として整備されている。口径200センチの望遠鏡「なゆた」は、公開用としては世界最大の光学望遠鏡、140億光年先の宇宙の果てをとらえることができるらしい。イスカンダルももうじき発見されるはず。
●水木しげるロード(鳥取県境港市 下電ホテルから140分 / 美春閣から120分)
境港出身の漫画家、水木しげる氏にちなんで名づけられた商店街通り。「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する鬼太郎、ねずみ男、目玉おやじなど、妖怪たちのブロンズ像が120体も配置されています。限定鬼太郎グッズも多数販売されている妖怪だらけのロードです。夜中歩くとやっぱり怖かった・・・
●夢すき公園(新見市 下電ホテルから40分 / 美春閣から100分)
日本一大きな水車「親子孫水車」がある。一番大きい親水車は直径13.6メートルだそうな。何故ここに?などと深くは考えないように。
●片鉄ロマン街道(備前市、和気町など 美春閣から30分 / 下電ホテルから50分)
地域に親しまれ惜しまれながら廃線となった片上鉄道の線路敷がサイクリングロードとしてよみがえった。清流吉井川に沿って延びる約34キロ。沿線には、信号機や駅舎など鉄道時代の面影が残っている。ちなみにロマンと聞くと「愛と冒険と・・・」に行くか「飛行」となるかで世代が分かれる。「モンブラン」とか「グラッセ」を連想する人はそもそも何かを間違えている。
●風の道(倉敷市児島 下電ホテルから5分 / 美春閣から120分)
上記の下津井電鉄バージョン。軽便鉄道として全国最後まで残った下津井電鉄。昔の駅舎なども残っておりマニアにはたまらない。正にロマン街道。あ、これは前の項目だ。